岳サボと伊藤岳参院予定候補が宣伝・対話 路上から政治を変える「岳さんぽ」が始動

5月4日、伊藤岳参院埼玉選挙区予定候補を個人的に応援する会「岳サポーターズ(略称・岳サポ)」が埼玉県内の名所を歩き動画撮影、宣伝等を行い、街行く人たちと触れ合う企画、「路上から政治を変える」をスローガンに「岳さんぽ」が取り組まれました。記念すべき第1回目の岳さんぽが新座市・平林寺周辺で取り組まれました。

県内から伊藤岳さんを応援する人たち12人が集まりました。午後2時新座駅に集合し、「新座ふるさと小道」を歩き「ふるさと新座館」前の野火止用水公園で宣伝。伊藤さんのアドリブで緑豊かな新座の魅力が語られ、子育て問題に話がうつり、突如新座の子育て自慢をふられ、一緒に参加したあしの修市議は「新座市は高校卒業まで医療費が無料であること」等を話しました。

その後、野火止緑道を歩き平林寺周辺を一周。途中、農家の方、通り過ぎる方などと対話。歩きながらシールアンケートも実施しました。

午後5時から新座駅前で宣伝。脱原発問題、現在の国会の状況、北朝鮮問題など縦横に語る伊藤岳さん。

普段何気なく通り過ぎる所を改めて歩く事で新たな発見もたくさんありました。歩く事でじっくり対話できるこの企画は良いと思いました。新座駅では地元の活動家も参加してくれにぎやかな宣伝となりました。

伊藤さんは「新座にはよく来るが、こんなに緑豊かで癒される場所があるのに驚いた。東京の隣でこれだけの緑。なんとしても残さなければならない。でも平林寺は広い!」と感想を述べていました。

(芦野修市議・記)

「岳サポーターズ(略称・岳サポ)」が新座駅に集合

伊藤岳さんがアドリブで緑豊かな新座の魅力を語る

(にいざ民報 2018年5月13日 No.1764)