税金を くらし 子育て 防災に

伊藤岳参議院議員(中央)と一緒に、市議と予定候補
伊藤岳参議院議員(中央)と一緒に市議と予定候補

↓ クリックすると別ウィンドウで拡大表示


↓ クリックすると別ウィンドウで拡大表示

新座市政と日本共産党市議団

第二老人福祉センター 広くなってオープン!

第二老人福祉センターの開所式

1月15日第二老人福祉センターの開所式が行われました。大和田4丁目に約1・5倍広くなってオープン。にいバスも乗り入れするようになりました。市議団の要望が施設の各所に活かされています。

第二老人福祉センター「元気の里」


新座市民アンケートを実施

日本共産党新座市議団は市民の要求をお聴きするアンケートを実施しました。回答数は1487通でした。ご協力ありがとうございました。みなさんの声を活かして、市政、国政の改革に取り組んでまいります。(2019年9月〜11月実施)

新座市民アンケート集計結果報告


市長に予算要望 国保税、介護保険料引き下げ、にいバスの改善など

日本共産党市議団が市長に予算要望

1月24日、日本共産党新座市議団と嶋田よしえ予定候補、小野ゆみこ予定候補が、2020年度予算編成に対する重点要望書を並木傑市長に提出し懇談しました。昨年10月28日には第一次要望書を提出しています。

重点要望書の項目

  1. 消費税が10%に増税され、市民の暮らしはますます大変になっています。国民健康保険税は、他の健保組合の保険料よりかなり高く大変です。引き下げて下さい。子どもの均等割を廃止してください。
  2. 介護保険料も高くて大変です。2020年度は2021年度~2023年度の介護保険料を決める年です。この機会に、介護保険料を引き下げて下さい。またもっと多くの段階に改め、低所得者の保険料の調整率を引き下げて下さい。
  3. 保育士への家賃補助制度の新設、給与補助の拡大などで、法人保育園での保育士確保に努めて下さい。
  4. 放課後児童保育室の新設・増室を進め、待機児童を出さないようにしてください。
  5. 市内北部地域に児童館(児童センター)を建設してください。
  6. 「にいバス」の検討を急ぎ、新規路線の拡大、1時間に1本の運行、日曜日の運行などを早く実現してください。
  7. 教育予算を大幅に増やし、歳出全体の10%以上にしてください。小中学校の大規模改修工事の年次計画を立て、早急に改修してください。
  8. 学校給食費の無償化を目指し、当面、1人あたり月1000円の補助を実施してください。
  9. 配偶者からの暴力等相談支援センターを設置してください。
  10. 補聴器の購入ヘの補助制度を新設してください。また、ヒアリングループを公共施設に備え活用を進めて下さい。
  11. 財源には、当面は活用することができない地下鉄12号線の建設基金を取り崩して、市民のために活用してください。

市内県道と柳瀬川と黒目川の安全対策を 県土整備事務所に要望

市内県道と柳瀬川と黒目川の安全対策を 新座市議団と前原かづえ県議が要望 朝霞県土整備事務所

1月16日、新座市議団と嶋田よしえ予定候補と小野ゆみこ予定候補が朝霞県土整備事務所に安全対策など地域の要望申し入れを行いました。前原かづえ県議が同席しました。朝霞県土整備事務所の相原秀行所長が市議団の要望書を受け取りました。

県道の改善などを求める要望書の内容

  1. 主要地方道さいたま・村山線(志木街道)について
    イ、野火止上交差点は歩道が大変狭く危険です。拡幅するなど改善をお願いいたします。道路が混雑します。右折レーンの設置など改善してください。
    ロ、志木中央病院周辺は患者さんや通勤通学の方、バス停で待つ人など混雑して危険です。歩道の拡幅など安全対策を図ってください。
    ハ、野火止6丁目15番、16番地では芝が側溝を覆い、道路自体がせまくなっています。改善をお願いいたします。
  2. 県道川越・新座線(防衛道路)について
    イ、志木市と新座市境の地域は歩道が狭く、危険です。歩道を拡幅するなど安全対策を図ってください。
  3. 県道新座・和光線(旧川越街道)について
    イ、県道新座和光線の大和田中町交差点が、大雨が降ると水没します。そこを車が通過することになり、大変危険です。調査して改善してください。
    ロ、水道道路の交差点(野火止下)について。道路の老朽化で近隣住宅の振動がおおきいので舗装してください。
  4. 保谷志木線について
    イ、「スーパーいなげや」付近の住民から震動か激しいと苦情が寄せられています。改善を図ってください。
    ロ、ひばりケ丘駅入り口交差点は、駅に向かう信号待ちの歩行者にとって、駅方向に向かうために交差点内で待機している右折車をよけて、県道を直進する車が突っ込んできそうで危ないので対策を講じてください。
    ハ、保谷志木線の榎木ガードの歩道が狭くて危険ですので、対策してください。榎木交差点が狭くて、大型バスが曲がる時、歩道や縁石に乗り上げたりします。
  5. 県道練馬所沢線について
    イ、市道56‐05号線の交差点に設置されている押しボタン式信号機のボタンは急坂を下りた押しにくい位置にあり、移設を求めているところですが、たまり場は舗装が中途半端な状態です。県と新座市で調整して舗装してください。
    ロ、市道65‐34号線との交差点にある赤い枠の路面標示が目立たず、市道との出入口で渋滞が起きやすいので、枠内に「停車禁止」の文字を入れるなど、もっと目立つようにしてください。
    ハ、栗原1丁目部分は非常に狭く車のすれ違いも困難です。拡幅をしてください。
  6. 国道254号について
    イ、国道254号と水道道路の交差する歩道と車道の高低差の解消をお願いします。交差点脇の店舗の歩道の拡幅をしてください。
    ロ、国道254号線ロジヤース側の歩道がガタガタするので舗装してください。
  7. 柳瀬川について
    去年の台風19号では、中野地域では床上浸水がありました。柳瀬川の浚渫工事など対策を図ってください。
  8. 黒目川について
    市内に水位計を設置して、大雨時に水位がわかるようにしてください。

2017年以前の「政策・実績」へ →